身体の痛みや不調を整えるのであれば基礎を大事にする【医療従事者向け】

mind others 新着記事

こんにちは、ハセ悟空です。

今回の記事では、こんな方にオススメな記事となっています↓

治療家のあなた「なぜこの人は治りにくいんだろう。セミナーで受けた痛みを改善する方法も駆使しているのに全然良くならない。確実に効果が出るというメソッドを習得したのに治らない。痛みが取れるという治療器も駆使しているのになかなかよくならないなぁ。」

↑こんなお悩みについて解説していきます。

現在では、色々な治療器がでてきたり色々な有名な先生方のメソッドなどが流行っていたりしますよね。

この記事のキーワードを先にお伝えしておくと、「メソッドや新しいトレーニング方法みたいなのが先行して基礎が疎かになっていること」です。

結論から申し上げます。
患者さんやクライアントの望みを叶えてあげるために必要なのは、「メソッドや○○式トレーニング、○○式治療」なんかよりも、まず【基礎を固める】ということと、【患者さんに興味を持つこと】この2点だと僕は考えています。

なぜそう言い切れるのか。

単純です。

例えばですけど、「腰痛の原因は大殿筋!腰痛は腰には問題がない!」こんなキャッチコピーをよく見かけませんか?

そして、これに対して手技が紹介されていて、腰痛の原因は○○!ココをほぐせば解決!みたいなことがよくあります。

これを見て鵜呑みにしてしまう人が陥ることは…↓

  • 引き出しが狭すぎてお手上げ状態
  • 痛みには○○!を信じすぎて思考停止
  • それ以外が原因で痛みを出している場合にお手上げ状態
  • 永遠に治らないのにそればかりやり続ける
  • 顧客が離れる
  • 信頼ダウン
  • リピートが取れない

↑このような状態に陥ります。

ちなみにかつての僕もそうでした。

  • 患者さんに喜んでもらいたい気持ちが先行しすぎて○○メソッドの信者になる
  • 患者さんの状態が良くならなかったときに慌てる
  • 方法が先走り、基礎から自分で作り上げることができない

こんな感じでしょうか?
つまり、そういう方法に頼りすぎて、思考停止状態ってやつです。

ただやればいい、作業のようになっている感じですね。

かつての僕もなにか早く痛みが取れる方法はないかと模索しているときに、そのようなメソッドに出会い勉強して試行錯誤していましたが、結局のところそんな簡単に治るものって、大した状態ではないことがほとんどです。

幅広く考え、その方に合った治療やトレーニングを提供するのが我々の仕事です。

では、どういう風に考えて解決していけばいいのか、これから解説していきます。

ポイントは以下にまとめましたので、その内容を深堀して説明していきます。

患者さんにしっかりと喜んでもらい信頼を獲得するために必要なこと

  • 患者さんの要望に応えられる柔軟な考え方
  • 最低限のスキル
  • 人間らしさ
  • 患者さんに興味を持つこと

最低限この辺りは確実に必要ですが、もう少し深堀して考えていきます。

技術よりも人としてどうあるべきか

こんな言葉はよく聞くことかと思いますが、でも本当にここが大事です。
技術がいくら優れていても、患者さんのことをわかろうとしなければ、技術云々より、そもそも技術も発揮できないまま終わってしまいます。

本当に自分が持っているスキルを最大限、発揮するためには、患者さんを評価してどういう風に身体に現在の症状が出たのかを、何気ない会話の中から見つけていくこと。

それが一番大切です。

なぜなら、患者さんの何気ない会話は、普段自分がしていることだったり、無意識に行っていることだからです。
つまり、慢性的な痛みや身体の疲労っていうのは、何気ない日常生活の積み重なりからきているから。

本当に原因が最初から一言ではっきりするもののほとんどは、外傷に当てはまることが多いです。
つまり、1回の外力で痛めてしまうケガの総称ですね。

ですので、【まず患者さんに興味を持つこと】。
これが何より信頼を得られて、かつ自分が持っている最大限のスキルをピンポイントで発揮できることに繋がります。

患者さんが自分の身体の痛みが出た原因を、どうですか?とかそんな単純な問いで答えてくれるほど甘くはありませんし、患者さん自身それがわかっていないからこそ、僕たちが見つけ出して、そして解決策までしっかり教えてあげられれば、患者さんもうれしいですよね。

    患者さんに興味をもち、しっかりと話を聞いてみること。
    そして、その話の中から常に治療のヒントを見つけられるようにアンテナを張ること。

↑いい治療をするための最大のヒントです↑

セミナーで学んだことも大事だが、自分でクリエイティブに治療法を見出すこともある

これについては、結構これを読んでいるあなたも経験してきたことかもしれませんが、患者さんに教えてもらうことって経験ありませんか?

つまり、どういうことかというと、自分はこういう理由で治療をしていたけど、実は違う所にもいい影響を及ぼしていて、患者さんからそれを教えてもらう感じです。

それを聞いてあとから紐づけて考えると、理にかなっていることが多かったりということもあります。

それがまた楽しいですし自分の経験になるので、引き出しが増えます。

ですので、冒頭にもチラッと伝えたように【どんな高いスキルよりもまずは最低限の基礎と患者さんに興味を持つ】この二つを常に心がけて、普段施術に取り組めば後からスキルは自然と身についていくと思っています。

    どんなセミナーよりも、まずは自分がここにマインドセットできるかどうかが大切で、それを長期的に維持していけるかどうかが患者さんを常に治し続けられて、信頼してもらえるかどうかに繋がります。

これは簡単なお話で、結構お金かけてコンサルとか治療の技術提供してもらったりとかしてますが、結局根底に自分のマインドとして患者さんを大切にするとか興味を持って治していくこと自体を自分自身が楽しんで出来ていないと、いくらノウハウを学んでも無駄になるということですね。

ですので、最初に書いたように、治りにくいなぁとかセミナーに行って学んだことも活かせてないなと感じておられる方がいたら、技術どうこうよりも、まず自分に余裕がなくて患者さんを本気でそもそも見れていない可能性があるので、そのあたりから見つめなおしてみましょう!

セミナーのノウハウも取り入れるのはもちろん大事だと思いますが、自分で考えて患者さんに貢献していくことも忘れずに!

では本日はこの辺で!

人気記事肩こり解消法【改善率激高な方法】※必見※