映画『マレフィセント2』感想【学んだこと】※プチネタバレ

disney movies 新着記事

今回の記事では、2019年10月18日に公開となった映画『マレフィセント2』の感想、または学んだことを記事に書いていきます。

ネタバレ注意ですので、まだ観てなくて内容を知りたくない方は、ココで読み終えてください。

どんな映画かというのを結論から言うと、【感動、学び、面白い】映画です。

一言で言うとそんな感じですが、もちろんこれには更に深い感動と学びと、面白さが詰まっていました。

その言葉が出るまでの過程に素晴らしいものがありました。

ディズニーは本当に改めてすごいなという気持ちでいっぱいです。

では、なぜ感動・学び・面白さを感じられたのか、深堀して解説していきます。

とにかくそれぞれの年齢層に沿った見せ方がすごいと感じたので、色んな観点から書いていきますね。

目次

マレフィセント2の感想

マレフィセント2のあらすじを観たい方は、ネットで『マレフィセント2 あらすじ』で調べてみてください。

こちらには、これからマレフィセント2を観る方、観たいなと思ってるけど悩んでいる方にPush!をかける記事を書いていきますね。

「きっとこの記事を読めばマレフィセント2が観たくなるはず!」

というわけで、早速『マレフィセント2』を観た感想から書いていきますね。

マレフィセント2の感想


僕的には、すごいしっかりとした作品だなという印象でした。
ディズニーに対して生意気な発言ですが。(笑)

毎回そうですが、一言で表すならば『圧巻!』という感じで、映画のシーンの中で、メインのシーン以外でも大切なことに気づかせてくれる物語性がやはりいいですね。

    人間の愛
    人間の悪いところ
    人間の優しさ
    本来あるべき人間の姿
    自然との共存
    動物との共存
    大きな愛とやさしさ
    過ちを正し生き抜く姿

こんなシーンが詰まった映画です。

全体を通した感想を言うとするならば、現代の世の中を表している映画でもあり、それに気づかせてくれる内容だったなと思っています。

上記の内容を感じ取れるシーンとして、国と国との争いや対立。

その中に存在する人と人の愛や怒りや優しさなど。

そんなことが入り混じって、より現実世界にとって、そして自分の腑にも落とせるような内容が描かれています。

それらをこれから具体的に書いていきます↓

世の中の戦争について

シーンの一つに『争い』『対立』がキーとなっているシーンがありました。

そこを見て思うことを書いていきます↓

今世の中で起こっている戦争や人と人との派閥。

映画のシーンでもよくあるこの問題。

本来、人と人は尊重しあって、人種など関係なく大きな愛とやさしさをもって接するはずなのに、そのような争いは今でも世の中ではニュースなどで見かけます。

なぜ争うんだろう…
なぜそんなにも窮地に追いやられてしまうんだろう…

ただひとつわかることは、自分の家族のため国の為に戦っているということ。

攻撃されるから攻撃せざるを得ない。

そんな状態になっているのではないか。

こんな風に感じ取れるようなシーンもありました。

自分の信念は本当に世の中に役立つもので、悪ではないかどうかなどしっかりと見つめなおす必要がありますね。

マレフィセントの妖精の国と人間の王国との対立と争い

人間の王国とマレフィセントの妖精の国との戦いのシーンがありますが、妖精の国に登場するキャラクターは妖精と言われていますが、実は現代に置き換えて考えると、動物や自然(木や森や河)と捉えることもできますね←(僕の勝手な見解)

つまり、【自然や動物】と【人間】の争い。

中には、人間が妖精の国の自然を奪い取るシーンも映されています。

自然と人間の在り方のお話

人間は自分たちのエゴで豊かにしたり、自然を破壊し便利にしたりと有難い部分は確かにあるかもしれませんが、自然に対していいのかと言われるとそうではないと思います。

人はもともと大自然の中で育った種族。

そんな数年で遺伝子は急激に変化はしていないはず。

だからこそ、ぼくたちも自然を大切にして、共存していくことが大切です。

東洋医学の考え方で『天人合一思想』という考え方が存在しています。

『天人合一思想』とは、天・人を対立するものとせず,本来それは一体のものであるとする思想,あるいはその一体性の回復を目指す修養のこと。

つまり、人間が生きていくためには自然が必要で、身体を元気にさせるためには自然がなければいけないということ。

ココ最近、自然災害が多いのも、地球温暖化が影響していたりと、もともとは人間が引き起こしたことかもしれない。

自然が、地球が人間に対する警告・怒りなのでは?

そう気付いて、少しでも地球に優しくなれる人でありたいし、それぐらい考えられるスケール感は持っておきたいですね。

もっともっと僕たちは自然を大切にしていかなくてはならない。

そうしなくては、自然からの反逆がくるよ。

そんなメッセージ性があるように思えるシーンでした。

マレフィセント2から学べる事のまとめ

上記に書いた内容と被るところもありますが、上記の内容にプラスして学べる事を書いていきます。

結論からまとめます↓

  • 自然(動物や植物など)と人間の共存
  • 争うことをやめること
  • 他人を理解しようとする気持ち
  • 人から人への優しさと愛
  • 人としての強さ
  • 強さと優しさを兼ね備えること
  • 権力と人間力を高める
  • 相手を知らないのに否定しない

マレフィセントの生き方から学べる事が多いですが。

人間界と妖精界の狭間でキーとなる人物がオーロラというキャラクター。

オーロラは自然の減少で起こるものだし、人に対して癒しも与えてくれるもの。

名前の通りきれいで自然と人間を繋いでくれるという意味でつけられたかのような美しい名前。

マレフィセントの物語と名前が本当に一致しているかのような素晴らしいネーミングだなと。

そんなオーロラは、妖精の国と人間の国とが和解するためのキーキャラクターです。

マレフィセントが育てた、とてもきれいで優しく強い女の子。

そんな、オーロラは人間の国の王と結婚をしますが、その中で色々な問題が発生し戦争に至ります。

最終的には、マレフィセントが最強の姿となり誰も太刀打ちできない姿で、圧倒的な力で制圧します。

そんな、最強でかつ優しいマレフィセントが制圧し、そのマレフィセントが愛するオーロラがいたからこそ人間と妖精は共存できるようになります。

つまり、現実世界でもこの世の中の間違いや争いなどを正すには、圧倒的に強い力と優しさと正確に判断ができるリーダー的存在が必要なんだと。

この話の中に、先ほど書いた学べる事が詰まっていて、すごく感慨深い映画だなと思いました。

改めて書きますが、キーとなっているのは、【自然】【人間】【動物】【争い】【対立】【愛】【強さ】【権力】【人間の悪】これらかなと。

自然、対立、権力などが関わっていることは、ニュースでもよく取り上げられている内容ですね。

とくにココ最近の映画は、【自然】【対立】【愛】【権力】【争い】これらがキーとなっている作品が多いように感じます。

ということは、それだけ世の中で起こっている問題として、この5つが多いのかなと。

作品を通じて伝えたいことはこの5つは絶対なのかなと僕は思っています。

ですので、それに気づき少しでもいい方向に向かうように、社会貢献していきたいなと今は強く感じています。

映画からメッセージを掴むコツ

純粋にアクションを楽しんだり、物語を楽しむのもまた一つ映画の楽しみ方ですよね。

しかし、映画は作品なのでどういうことを伝えたいのかなどを感じ取るように観ると、また違う世界が見えてきます。

それが楽しみで、よく楽しむ+勉強(学ぶ)するために映画を観に行きます。

では、どのように映画からメッセージを掴むのか。

【映画は作品だからメッセージがある。伝えたいことが詰まっている】

↑これだけをわかってるだけでも、映画から感じ取れるものが増えると思います。

つまり、”映画の観方をそもそも変える”ということですね。

そういう風に観ると、集中して観れますし物語に入り込みやすくなり、話やストーリーもすごく面白く感じます。

あとは、”いろんなことを知ること”ですかね。

一見、関係のないように思うことも知っておくと、あとからパズルのピースとピースが繋がるような感覚で、あてはまるときが来ます。

そうなったとき、表面だけ見ると関係ないことも、掘り下げて理解すると似通っていて同じことを言っているなと感じることが出来ます。

これは映画だけでなく、仕事においても活きてくる感覚だと僕は思っていますので、ぜひ映画やドラマなどもそのように観てもらえると、ただの遊びや趣味だけで留まらないので、人生観が大きくなると思います。

色んな映画を観て、自分の人生観を大きく、そして幅広く物事を捉えられるようになるので、映画はオススメです!

色々な映画が観たい方はこちらがおすすめです↓
>>映画観るなら<U-NEXT>

今やスマホでいつでもどこでも、映画が観れてしまう時代。

スマホばかり触っていると、親に怒られたり奥さんに怒られたり…
そんな経験がある人は、こういうセリフを言って納得させましょう↓

映画カエル「映画から学べる事はたくさんあるんだよ。監督さんがどういうことを伝えたくて、この作品を作ったのか。そんなことを考えて観ていると、色々な世界観が見えて勉強になるんだ。」

ってね。

そういえば何も言い返せなくなると思いますよ。笑

でも事実、僕はそういう学び方の方が大事だと思っているので、映画のみならずマンガでもそう。

僕のプロフィールを見てもらえればそんなことも書いているのですが、ドラゴンボールが大好きで、孫悟空から学ぶことを書いていたり。

孫悟空が大好きなので、名前もハセ悟空にしていますし。

ちゃんと意味があるといいですよね。

上辺だけじゃない本質をしっかりと理解していれば。

僕のプロフィールはこちらから☟

ハセ悟空プロフィール詳細

鍼灸師⇒治療院勤務⇒院長⇒副業開始⇒ブログ運営などなど、現28歳までに経験してきたことやこれからのことなどを書いています。 ブログでは、主に痛みを取るための情報などを配信していますので、気になる方はご覧ください。

» 詳細を読む

ハセ悟空の名前の由来や僕の生い立ちみたいなのもわかります。笑

ご興味ある方は、ぜひ。

では本日はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気記事肩こり解消法【改善率激高な方法】※必見※